神奈川県中郡のインプラント | 神奈川インプラント情報サイト

Q&A

以前の自分の歯と同じように噛むことはできますか?
以前の自分の歯以上かもしれません。
インプラントは顎の骨としっかりとくっついて丈夫な土台となり、りんご、たくわん、せんべい、あわびの造り、するめなどほとんどの物はしっかりと噛めます。
インプラントの手術は痛いですか?腫れますか?
口の中だけの局所麻酔をしてからインプラントを入れますので、ほとんど痛みは感じません。
処置時間はだいたい30~120分位です。
ただし、麻酔が切れてからは傷口の痛みがまったくないわけではありません。手術後1~2日痛みや腫れが出る場合がありますが通常すぐに治まります。
治療費はどのくらいかかりますか?
治療費はどのくらいかかりますか?
使用するインプラントの本数や種類、上に装着する人工歯の種類、症例の難易度によって費用は異なります。事前に当センターまでご相談下さい。
インプラントはどのくらいもちますか?
インプラントはチタン製でとても丈夫ですので何か問題が起こらなければ半永久的にお口の中で機能します。
しかし、はみがきが十分にできないでインプラントの周りに歯石がついた状態にしていると、天然歯と同様、歯槽膿漏のような状態になり、インプラントの周りの骨がやせてしまってグラグラ動いてしまいます。
このようになったインプラントは抜くしか方法がありません。
インプラントを長持ちさせるためには、毎日しっかりと歯みがきをし、必ず定期健診を受けてチェックと専門家によるメンテナンスを受けてください。
手術の際には入院が必要ですか?
ごく限られた特別な場合以外は入院の必要はありません。
しかし、普通のインプラント手術でも手術後2~3日はゆっくりとされることをお勧めします。
治療の間、歯がないところはどうしますか?
仮歯や仮の入れ歯を入れておきます。見た目にも食事をするにも問題はありません。
治療期間はどのくらいかかるのですか?
使ったインプラントと患者様の骨の状態にもよりますが6週間~24週間かかります。
一般的に、顎の骨に入れたインプラントが周りの骨と結合するのに、使ったインプラントと患者様の骨の状態にもよりますが6週間~24週間かかります。
その後、上に歯を入れるための期間がかかる場合とすぐに入れることができる場合があります。ケースにより期間が異なりますので詳細はお問い合わせ下さい。
何本入れればいいのですか?多い方がいいのですか?
抜けた歯一本に対して必ずしも1本のインプラントを入れる必要はありません。
顎の骨の状態によっては入れることができない場合もあります。また、インプラントで維持させる床のついた義歯を入れる場合は少ない数のインプラントで大丈夫です。
歯槽膿漏でも大丈夫ですか?
そのままではインプラントを入れることはできません。
歯槽膿漏にかかっている方はお口の中の衛生状態の悪い場合が多く、そのままではインプラントを入れることはできません。治療と正しいはみがきを身につけることで歯槽膿漏を直し、それからインプラントを入れます。
糖尿病でも大丈夫ですか?
詳しい病状をお伝え下さい
医師の指導のもとに十分コントロールされていれば大丈夫ですが、状態によってはインプラント手術ができない場合もあります。
インプラント治療とは、どんな治療法のことなのでしょうか?
「インプラント治療」とは、歯が抜けてしまった部分の顎の骨にインプラント(人工歯根)を 埋め込み、人工歯を装着する治療法です。
顎の骨に直接固定されるため、自然歯と変わらない機能回復が可能になります。
「シンコーンシステム」とは、どのような治療法のことなのでしょうか?
「シンコーンシステム」とは、インプラントを使用してすべての歯の欠損を補う最新技術です。
「シンコーンシステム」とは、インプラントを使用してすべての歯の欠損を補う最新技術です。
従来の「総入れ歯」に替わるものであり、必要最低限のインプラントだけで上または下の歯をすべて支えることが可能になります。
身体への負担を抑えるだけでなく、費用も比較的抑えることができる治療法です。
インプラント治療後に気をつけるべきことはありますか?
インプラントを快適に長期間使用するためには定期的なメンテナンスが必須です。
インプラント自体は非常に丈夫ですが、不衛生が原因で細菌感染が起こると、ネジの緩みや破折の原因となってしまいます。
1~2日の腫れている間は食事がしづらくなります。また、感染しやすい期間でもあります。食事はかたいものを避け、ジュースやスープなどの流動食や栄養バランスに優れたベビーフードなどを摂って下さい。当日あるいは翌日くらいまでは多少出血が続きますが、強くうがいはしないで下さい。また、大きく口をあけたり、笑ったりするのも避けてください。薬は指示通りにきちんと服用して下さい。歯みがきは手術当日はやめ、その後も当センターの指導に従ってください。
インプラント治療は他の治療法とどう違うのでしょうか?
抜けてしまった歯を補う治療法は、従来「入れ歯」と「ブリッジ」が一般的でした。
インプラントは、入れ歯のような違和感や発音の問題もなく、ブリッジのように健康な歯を削る必要がありません。
審美的な面でも機能的な面でも優れた治療法だと言えます。
インプラント治療は誰でも受けることが可能なのでしょうか?
顎の骨が完成している年齢(16歳以上)で、なおかつ健康であれば治療を受けることが 可能です。
ただし、口腔内の衛生状態が悪い方や重度の全身疾患を患っている方は治療が制限される場合もありますのでご了承ください。
インプラント治療にはどれくらいの費用が必要ですか?
インプラント治療は自由診療になるため、歯科医院によって費用には大幅な差が出ます。
すべての治療費を合わせて1本あたりおおよそ25~50万円ほどになるとお考えください。
また、インプラント治療は医療費控除を利用することが可能です。
インプラント治療はどのような流れで行われるのでしょうか?
まずは虫歯や歯周病などの検査を行い、インフォームドコンセントを経て治療に入ります。
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。