神奈川県中郡のインプラント | 神奈川インプラント情報サイト

治療の流れ

治療の流れ
CT撮影
CT撮影

安全なインプラント治療を行うため、
3次元のレントゲン(CT)での撮影を行います。

3次元レントゲンで撮影する事で、
顎の骨を立体的に捉える事ができるので、
骨の厚みを正確に確認でき、
より安全な治療を行う事が可能です。

当院では、二宮駅のいのうえ医院にCTを導入しております。
http://www.inoue-dc.jp/
 



診断と治療計画
診断と治療計画

3次元レントゲン(CT)の撮影を元に、診断を行います。

インプラントが可能と判断した場合には、
撮影した画像を元に、安全にインプラントを
埋入するために、シュミレーションを行い、
シュミレーション通り埋入が出来るよう
サージカルガイドを作成いたします。

 

↓撮影後のシュミレーション画像

↓安全に埋入するための     
サージカルガイドの作成     
                                                                              


人工歯根の埋入(インプラント手術)
人工歯根の埋入(インプラント手術)

チタン製の小さなねじのような形状のインプラントを局所麻酔で顎の骨の中に埋め込みます。





 

治癒期間
治癒期間

インプラントと骨がしっかりとくっつくまで約6~24週間(骨の形状などさまざまな条件によって変わります)待ちます。
この期間、一般的にはインプラントの上に仮歯を入れておきます。

※ 治療期間は骨の質などにより個人差があります。
※ この間、必要に応じて仮の歯を入れることもあります。

人工歯の装着

ITIインプラント技術により、人工の歯を取り付けます。
手術2回式のインプラントの場合は、ここでもう一度手術してインプラントの頭を出さなければなりません。

メンテナンス

インプラント治療の終了後、インプラントを長持ちさせるためには適切なホームケアと定期的な検診が不可欠です。先生の指示に従い、正しい歯磨きを心がけて下さい。定期健診を受け、インプラントの状態を先生に診てもらうようにして下さい。

お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。