神奈川県中郡のインプラント | 神奈川インプラント情報サイト
神奈川インプラント情報サイト HOME>当院のインプラント

抜歯について

抜歯の流れ
抜歯
抜歯

抜歯します。


歯槽骨の露出
歯槽骨の露出

粘膜(歯肉)に穴があき、歯槽骨が露出した抜歯スペースができます。
※抜歯スペースにある歯肉や不良肉芽は掻きだし、骨面を露出させます。


抜歯創用補填材の充填
抜歯創用補填材の充填

抜歯創用補填材を充填します。
※抜歯スペースに貯まっている血液を拭き取ってから充填し、縫合などで固定します。


傷口の保護
傷口の保護

出血を止め、食べ物などが入り込むのを防ぎ、腫れや傷みなどの不快感が和らぐように、傷口を保護します。


上皮の伸展
上皮の伸展

抜歯創用補填材内に周囲の細胞や血管が侵入し、その上に上皮が伸展していきます。


肉芽形成
肉芽形成

歯槽骨の吸収を防止し、歯ぐきの陥凹が防止できるように、肉芽形成を促します。


抜歯後の処置について
そのまま

親知らずなどの場合

入れ歯
入れ歯

歯ぐきをかたどった板の上に人工歯がついており、自分で取り外すことができます。


ブリッジ
ブリッジ

前後の歯を削って連続した人口歯を固定します。


インプラント
インプラント

抜歯創用補填材を使用した2~3ヵ月後、歯槽骨の中に人工歯根を埋め込み、その上に人口歯を取り付けます。前後の歯に負担がかかりません。