神奈川県中郡のインプラント | 神奈川インプラント情報サイト
神奈川インプラント情報サイト HOME>当院のインプラント

インプラント用語集

インプラントに関わる用語
インプラントに関わる用語

インプラント治療では、治療法や器具の名前などで様々な専門用語が使用されています。ここでは、インプラントに関連する用語をご紹介します。


治療に使用する素材に関する用語
アバットメント

フィクスチャーと人工歯を連結するための土台となる部分です。

人工歯(上部構造)

インプラント治療によって取りつけられる人工の歯です。
2次手術の後に仮の人工歯を取りつけ、噛み合わせや審美性のデータを取ってから正式なものを作成します。
素材としては、天然歯の色に近いセラミックが使用されることがほとんどです。

フィクスチャー

「インプラント体」とも呼ばる、インプラントの歯根部分のことを指します。顎の骨に埋入する、インプラントの本体ともいえるもので、素材は純チタン製で、スクリュー状の形状をしていることがほとんどです。

プロビジョナルレストレーション

補綴治療中に装着することになる仮歯のことです。

メンブレン

骨の量が足りない場合に行われる骨再生療法で使用される膜のことです。
患者様の症状によって、骨に吸収されるタイプと吸収されないタイプが使い分けられます。

治療法に関する用語
インフォームドコンセント

医師が患者様に対してに治療に関する情報を充分に提供し、納得や同意を得てから治療を開始することです。

インプラント手術

欠損した天然歯の代わりにインプラント(人工歯根)を埋入し、人工歯を取り付ける手術です。

ITI(ストローマン)インプラント

日本でもっともシェアの広いインプラントシステムで、治療期間が短いことが特徴です。
日本人に最適で、神経や血管を傷つける可能性が少ない安全な治療法とされています。

オッセオインテグレーション

骨とチタンが直接結合して固定されることで、1952年スウェーデンのブローネマルク博士によって偶然発見されました。
インプラント治療は、このオッセオインテグレーションを応用した治療システムがほとんどです。

GBR法

顎の骨を再生させるための骨再生療法で、インプラントを埋入する部分の顎の骨が足りない場合に行います。
インプラント埋入の前に行う方法と、インプラント埋入と同時に行う方法があります。

GTR法

歯周病の炎症により破壊されたセメント質などの硬組織を回復させるためにメンブレンを挿入する治療法です。
「歯周組織再生誘導法」とも言います。

サイナスリフト法

上顎の奥歯に骨量が少ない場合に、骨移植によって不足している骨を補強し上顎洞を拳上する治療法です。
主に自分自身の腸骨などが移植されます。

シムプラント

CT撮影を行って、最先端のコンピュータシステム(SIM/PLANT)を使用することにより、顎の骨の状態を確認しながら治療計画を立てる方法です。

ソケットリフト法

サイナスリフト法と同じく、上顎の奥歯にインプラントを埋入するスペースを確保する治療法です。サイナスリフトに比べると手術が簡便であることが特徴です。

抜歯即時インプラント

従来のインプラント治療では、抜歯後の歯肉が治っていなければ、インプラントの埋入はできませんでした。しかしこの方法であれば、抜歯後に仮歯を入れることができるため、歯のない時期を無くすことができます。