神奈川県中郡のインプラント | 神奈川インプラント情報サイト

ニュースブログ

神奈川県インプラントのニュースブログ 117
世界保健機関(WHO)のフクダ事務局長補代理は22日、年次総会閉幕後に記者会見し、WHOが新型インフルエンザの世界的大流行(パンデミック)を認定する条件について「新たな基準を作らなければならない」と述べ、認定基準を変更する方針を正式に表明した。

 現行の基準では、感染が地理的に拡大するだけでパンデミック宣言に至る仕組みだが、フクダ氏は、健康被害が比較的軽い弱毒性とされる今回の新型ウイルスの流行によって「(地理的な)拡大だけが重要とは加盟国は考えていないことが明確になった」と言明。パンデミック認定につながる警戒水準(フェーズ)を最高の「6」に引き上げることに慎重な対応を求めた英国などに配慮して決断したことを認めた。

 フクダ氏は会見後、記者団に、もし日本などで国内での本格的な二次感染が確認されても「必ずしも水準を上げることにはならない」と述べ、少なくとも北半球での感染拡大だけではパンデミックを宣言しない方針を示した。(共同)
神奈川県(藤沢市・平塚市・横浜市・中郡)のインプラントなら
医療法人社団いのうえ歯科医院へ。


投稿者 医療法人いのうえ歯科医院② | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
神奈川県インプラントのニュースブログ 116
 【北京=矢板明夫】今年10月1日の国慶節で建国60周年を迎える中国。各地で早くも花壇が作られ、垂れ幕が設置されるなど祝賀ムードが漂い始めている。しかし、「祖国の還暦を祝う」と書かれた一部のスローガンに対し、「老人のイメージがあるので良くない」との抗議が殺到、地元当局は「還暦」の表現を使わないように指導し始めたという。

 湖北省の新聞「楚天都市報」などによると、問題となったのは武漢市の観光地「黄鶴楼」で最近掲げられたスローガン。白い地に黒い字で大きく「国慶花甲」と書かれた。中国語では還暦のことを「花甲」といい、中国人は日本人同様、60歳の誕生日に長寿を祝い、無病息災を願う習慣がある。

 このスローガンをみた市民から「定年を連想してしまう」「世界的にみても中国は若い国なのに、もっと若々しい表現を」といった意見が殺到した。

 宣伝表現の正確さをチェックする役割を持つ湖北省語言文字工作員会は地元メディアの取材に対し「建国60周年を還暦と表現することは文法上に問題はない」としながらも「不快感を示す市民が多数いる以上、黄鶴楼管理処に対し、表現を改めるよう指導した」といコメントしている。

神奈川県(藤沢市・平塚市・横浜市・中郡)のインプラントなら
医療法人社団いのうえ歯科医院へ。


投稿者 医療法人いのうえ歯科医院② | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
神奈川県インプラントのニュースブログ 115
 【ワシントン=有元隆志】オバマ米大統領は22日、メリーランド州アナポリスにある海軍士官学校の卒業式で演説し、「われわれは、18世紀型の海賊から21世紀型のサイバー攻撃の脅威まで、ありとあらゆる脅威に打ち勝たないといけない」と強調した。

 また、「米国が自分たちの価値観から外れたことを行えば、法の支配を弱体化するだけでなく、敵を勢いづかせ、国家や兵士たちの安全を損なうことになる」と述べ、キューバ・グアンタナモ米軍基地内のテロ容疑者収容所の閉鎖などに取り組む決意を示した。

 士官学校の卒業生たちは海軍か海兵隊に進むことになる。卒業生のなかには、昨年の大統領選でオバマ大統領の対立候補だった共和党のマケイン上院議員の息子ジャック・マケインさんも含まれていた。マケイン上院議員夫妻も式典に参列した。マケイン家ではジャックさんで4代目続けて海軍士官学校を卒業したことになる。

神奈川県(藤沢市・平塚市・横浜市・中郡)のインプラントなら
医療法人社団いのうえ歯科医院へ。


投稿者 医療法人いのうえ歯科医院② | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
神奈川県インプラントのニュースブログ 114
 ダンスカンパニー「DIAMOND☆DOGS(D☆D)」が24日から、東京・銀座の博品館劇場で恒例の春公演を行う。今年はサンバをテーマにした「サンバナイト」。リーダーの東山義久は「サンバのリズムに乗せ、いつもより軽快なショーにしたい」と話す。

 D☆Dは平成15年、5人のダンサーと2人のボーカリストで結成。ライブやオリジナルミュージカルなどさまざまなステージを展開している。博品館ではデビュー以来毎年、春に公演を行っている。

 「1年に1回の本公演。これ以上ないぐらい士気が高まります。歌、ダンスとそれぞれの性格を生かしたストーリーを楽しんでもらいたい」と東山。

 大学卒業と同時にミュージカルで初舞台を踏み、プロデビュー。D☆Dでは舞台の構成や演出も手がけるほか、単独で舞台を中心にテレビや映画、CMに出演するなど活躍の場を広げている。

 「D☆Dはぼくにとっての母艦。出続けるというかかわり方でなくても、いろいろな形でD☆Dを作っていきたい」

 舞台は、本番までの過程は大変だが、終わったときの充実感は何ものにも替え難い魅力という。

 「こうしよう、ああしようと毎日、わくわくしています。『サンバナイト』は舞台ファンだけではなく、初めてのお客さまが、なんか面白そう、とポーンと劇場に入ってくれたらうれしいですね」

 31日まで。TEL03・3571・1003。(柳谷昇子)

神奈川県(藤沢市・平塚市・横浜市・中郡)のインプラントなら
医療法人社団いのうえ歯科医院へ。



投稿者 医療法人いのうえ歯科医院② | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
神奈川県インプラントのニュースブログ 113
 日本テレビに人気急上昇の“看板娘”がいる。3月末からスタートした同局系情報番組「おもいッきりDON!」(月~金曜前10・25)で司会を務める入社3年目の夏目三久アナウンサー(24)だ。前身番組ではみのもんた(64)、新番組では中山秀征(41)と“お昼の顔”を相手に、愛くるしい笑顔で献身サポート。落ち着いた柔和な雰囲気で“ドーン”と構えるその素顔にふれてみた。(ペン・宮越大輔、カメラ・斎藤浩一)

 東京・東新橋の日本テレビ。「-DON!」の生放送終了直後に駆けつけた夏目アナは、疲れた表情も一切見せず、テレビと同じ満開スマイルで応じてくれた。

 --2時間番組の生放送「おもいッきりイイ!!テレビ」で1年半アシスタントを務めた後、新番組がスタートして2カ月になります

 「トータル3時間なので、想像していたよりエネルギーが必要でしたね。生放送の緊張感の中、コメントするだけじゃなく、立っているだけでプレッシャーがありました。幅広い人に見ていただける番組なので、自分の役割も幅広いことが求められているなと」
神奈川県(藤沢市・平塚市・横浜市・中郡)のインプラントなら
医療法人社団いのうえ歯科医院へ。


投稿者 医療法人いのうえ歯科医院② | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

ご質問等お気軽にご相談下さい。